不再戦平和の活動

講演・学習

日中友好協会創立60周年記念【戦後政治のなかの日中関係】

-尖閣諸島問題をどう見るか-

畑田重夫さんを迎えて講演

日中友好協会が結成されたのは、中国革命が勝利した翌年の1950年でした。協会はそれから60年を迎えました。この間、1960年には中国で日本人民の日米安保条約改定反対闘争を支援する100万人規模のデモが起こり、アジアの平和のための国際連帯が実感されました。

その後、中国では「文化大革命」による混乱が続きましたが、やがて改革・開放政策のもと、経済は急激な発展を続け、いまやその経済規模はわが国を抜いて世界第2位となっています。他方、最近、日中間には、尖閣諸島をめぐる複雑な問題が起きています。

 わが国の将来にとって、中国との間に政治・外交・経済の平和な関係を発展させることがきわめて重要す。

 過去60年を縦糸に、今日の「東アジア」を横糸に、日中関係のあるべき姿を学びたいと、この学 習・講演会を開きます。お誘い合わせのうえ、多数ご参加ください。



講 師    畑 田 重 夫 氏(政治評論家)

 日 時    11月13日(土) 午後2時〜3時30分

 会 場    本山・生協文化会館 4階ホール
         (地下鉄本山駅4番出口下車・徒歩2分)

 参加費    一般 1,000円  院生・学生 500円

 
 畑田先生のプロフィール
    1923年 京都市に生まれる
    1948年 東京大学法学部政治学科卒業、名古屋大学助教授
    1987年 東京都知事選に革新統一候補として立候補
    現 在   全国革新懇代表世話人
          日本平和委員会代表理事
          日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
代表理事
          

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解