県連活動ニュース

県連ニュース

中国百科検定学習会

中国の少数民族

 第3回「中国百科検定対策講座」が11月30日(土)開催されました。講師は、常任理事の柳田常樹さんが民族・宗教分野を担当しました。
 柳田さんは少数民族地域への旅を年2〜3回のペースで40回ほど重ねています。 ベトナムやラオスの奥地に行った際に、山ひとつ越えただけで衣装や文化、風習が変わってしまうことに驚き、その人々がもとは中国の少数民族で、メコン川に沿って下ってきたことを知り、それではと中国少数民族の旅を始めたのです。
 何といっても魅力的なことは民族ごとの独特な文化が今なお残っていることです。特に雲南省の麗江などはナシ族の素朴さと文化に惹かれて何回も訪れましたが、観光化につれて俗化していくのが残念と言います。
 今回、百科検定を受検して、犢圓辰申蠅呂茲覚えている瓩鮗卒兇靴泙靴拭

〈少数民族のまとめ〉
1.中国は公式に56民族を認定。うち漢民族が92%、あとの55を少数民族という。それでも1・12億人もいる。
「少数民族区域自治制度」により、民族間で政治行政上の権利が異なるため、全住民を各民族に認定する必要があった。その結果、少数民族は5つの自治区、30の自治州、120の自治県を持ち、総面積の74%を占める。 そして、政策上のさまざまな優遇処置がとられている。例えば、「一人っ子政策」の緩和や、全国レベルの人民代表や協商会議の代表権、税財政上の優遇など。
2.主な少数民族
言語的分類・民族名・人口・地域・備考〈例〉▼漢語、イスラム教 回族1059万人 新疆、甘粛、青海、貴州…(以下省略)
3.ウイグル族を大規模システムで監視し、潜在的「危険分子」として、恣意的な拘束や施設への大量収容。中国当局の内部文書流失。
4.ここ2〜3年で旅して出会った少数民族…雲南省(ペー族又は白族、ナシ族、チベット族、リス族、ヌー族、イ族、ハニ族、タイ族)貴州省(ミャオ族、トン族)、湖南省(トウチャウ族)、広西チワン族自治区(チワン族、トン族、ミャオ族、ヤオ族)、湖北省(トウチャウ族)。

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解