日中文化交流

中国の旅

『雲南省に少数民族を訪ねる旅==シーサンパンナと昆明・石林8日間』

少数民族の生活に触れ、真の豊かさとは何か考えてみませんか

   『雲南省に少数民族を訪ねる旅=シーサンパンナと昆明・石林8日間=』の旅行説明会を2月26日に開催します。
 この旅は旅行説明会は2月26日(日)です。今年は中国最南部の雲南省、シーサンパンナ(西双版纳)タイ(傣)族自治州の中心都市、古代から中国タイ族の中心地であった景洪まで出かけます。この地は亜熱帯に属しアジア一の熱帯植物園があります。また、漢族は少数で、タイ族、ハニ族、ラフ族、プーラン族など10以上の少数民族で全人口の7割余を占めています。そこで彼らの生活に触れ、真の豊かさとは何か考えてみませんか。
 昆明に往復で3泊・景洪は2連泊とゆったり 5月15(月)〜22日の8日間。移動距離は長いのですが、昆明には到着日と翌日2連泊し、石林と市内観光をしながら体調を整えてから南に進みます。昼にはプーアル(普洱)到着し、プーアル茶の本場の茶畑などを見学し1泊。景洪では2泊し、様々な少数民族の村や市場を、またモーリン(孟侖)熱帯植物園も訪ねます。5月下旬は雨季で30度を越える暑さです。東南アジアの雨季は、毎日1〜2時間のスコールでその後は晴れてきます。景洪は大メコン川の上流、瀾滄江の右岸に広がる街で、なれずしや納豆など日本と共通する食品があり、稲田と共に日本人の遠い昔の故郷を感じさせてくれます
 往路はプーアルで1泊見学、復路は花腰タイ族の集まる新平で1泊。興味がある方は是非ご参加ください。お待ちしております。

旅行説明会は2月26日(日)

旅行説明会

▼日時:2月26日(日)午後2時〜4時
▼場所:稲沢市総合文化センター第5会議室 (URのアヒルマークが建物の上にあり)
  ☎0587-21-8000(名鉄本線一宮・岐阜行き「国府宮」(特急停車)下車、東へ徒歩3分)
▼問合せ先  家田☎09012379586
▼主催:日中友好協会稲沢支部・日中友好協会愛知県連合会

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解