日中文化交流

その他

干支の「酉」にちなんで

空想上の鳥

 古代の中国人は、さまざまな怪獣奇鳥を生み出していました。
 例えば、鴜鼠(しそ)は鶏に似ているが、鼠のような尾がつき、数斯(すうし)はトビに似て脚は人間の足、顔は人間にそっくり。この鳥を食べると首にこぶができる。
 瞿如(くじょ)は鴨に似ているが、脚は三本、首は三つあり、人間の顔をしている。
 鳳凰は日本人にも有名ですが、体の前は麟、後ろは鹿、首は蛇、背は亀、顎は燕、くちばしは鶏に似るとされ、聖徳の天子の兆しとして出現されるとされていますが、鳧徑(ふけい)は姿がオンドリだが、顔は人間そっくりで、この鳥が出現すると戦争が起きると言われて恐れられました。
 二〇一七年には、どんな鳥が出現するのでしょうか?

名古屋学院大学名誉教授・県連理事
    西脇隆夫

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解