日中文化交流

その他

干支文字

干支文字

   「申」は「気が伸びる」とか「電光=いなずまが走る」の意味を表す象形文字といわれている。
 申の付く文字、申(のべる)・伸(伸びる)・神(こころ)・坤(植物を生長させる大地)・呻(うたう)などからもそれが分かる。 
 「申」は十二支の九番目で、方角では西南西、時刻では午後四時ごろを表す記号だが、作品として書いていると動物としてのサルを意識する。
 願わくば、本年がみなさんの心伸びやかで、もの申す自由が守られる年でありますように。
               丙申春日 靄山
              木俣 博

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解