日中文化交流

太極拳講習会

2015 太極拳東海ブロック合宿

「2015 太極拳東海ブロック合宿」に参加して

  シルクロード支部  
     西川 八重子

 2015年10月24日(土)・25日(日)、春日井市の「グリーンパレス春日井体育館」にて、のべ100名の参加者により「2015太極拳東海ブロック合宿」が行われました。
 当日は合宿日和に恵まれ、私はJR春日井駅から送迎バスに乗り無事会場に到着。
 シルクロード支部支部長・太極拳委員長井上和子さん、愛知県連副理事長伊藤充久さんのご挨拶、大阪からお越しの講師、恒岡先生、尾中先生、山田先生のご紹介に続き、準備運動の後「簡化24式」と「基本功」に分かれて練習が始まりました。
 わたしは今回初めて「基本功」を体験しましたが、どのような動きをするのか期待と不安がハーフ&ハーフ(アレレ…どこかで聞いた言葉)。太極拳の手首と日常思っている手首が違うことに驚かされました。不安要素が大きかったのと、余分な力がはいったためと思われますが、腰が悲鳴を上げました。明日は大丈夫かな?…と思いながら第1日目の講習会が終わりました。
 いよいよ「メーンイベント」の夕食・交流会が始まります。
 教室紹介、参加者を各教室の先生方が紹介をするのですが、個性がにじみ出てきます。参加者自身の自己紹介は、個々のお人柄が出て感心したり大爆笑したりと一年に一度の楽しいひと時で、この時間を楽しみとしている私です。
 宴が盛り上がったピーク時に、ビンゴゲームが始まりました。リーチの方は前にでて今か今かとビンゴの時を待ちます。約半数の人が首を長くして待ち、2人がようやくビンゴになりました。
 ところが、司会者が何回もリーチの人は前へと言っているにも関わらず突然「ビンゴ!」と叫び椅子席から出て賞品をゲットする強者もいて大爆笑。最後は恒例の「春駒」を全員参加で踊り、一本締めで終了。後は二次会、三次会と繰り出します。
 2日目は6時半からの「朝練」に参加するため身支度を整え時間が来るまで部屋で待機。時間がきたので朝練場所まで行ったらすでに始まっていました。遅刻組になりましたが1時間の朝練終了、朝食のおいしかったこと。
 2日目のみ参加の方もいるので講師と参加者のご紹介、準備運動、風華の表演、着々と講習会が進んでいきます。恒岡先生のおっしゃっていることを理解しているつもりなのにできない。指導員の先生方と同じことをしているつもりなのにできていない。 
 なぜ?なぜ…? 
 このつもりが何回も出没する中、練習が無事?終わりました。お疲れ様でした。来年もまた参加いたします。

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解