日中文化交流

ニュース

武漢TV番組「感受日本」最終回の上映会に90人集う

ミニコンサートなどで盛大に

 中国・武漢テレビが1年半にわたって放映したドキュメントシリーズ「感受日本」(DVD)の上映会&打ち上げパーティが4日、名古屋国際センター5階第1会議室で開かれました。主催は「感受日本」上映実行委員会。ドキュメントは、名古屋在住のフリーライター欧陽蔚怡さんの著書『感受日本―わかりあえるか中国人と日本人』(中文版、日本語版)がきっかけになったものです。

 上映会は通算で7回、今回が最終回とあって、関西から駆けつけた母娘などこれまでで最多の90人が参加。パーティでは東海高校吹奏楽部の有志部員6人&特別ゲストの若い中国人女性によるミニコンサートもあり、楽しい日中友好の夕べとなりました。

 1部の上映会はおなじみ萩原喜之さん(地域の未来・志援センター理事長)の司会ですすめられ、武漢テレビの最後の4話を同時日本語ナレーター付きで上映。また、これまで上映した内容をスライドで説明し、結びで、訪日取材した武漢テレビ・クルー(3人)のコメントもスクリーンで紹介され、満場の拍手に包まれました。

 司会者からマイクを向けられ、ドキュメントに登場した人たちがこもごも“私と中国”的な感想を語り、草の根の日中友好の雰囲気が満ち溢れました。

 2部の打ち上げパーティは高野史枝さん(民放ラジオのパーソナリティ)が司会し、欧陽さんが「ゼロからの出発でここまでやってこられ皆様のご支援のたまもの。心から感謝申し上げます」とあいさつ。駐名古屋中国総領事館の曽理華領事はじめ来賓が次つぎマイクを握ってお祝いのスピーチを述べ、ささやかな料理を楽しみながら歓談のひとときを過ごしました。  

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解