県連活動ニュース

県連ニュース

青年委員会

水餃子に舌鼓

   愛知県連合会は青年準備委員会の企画で、5月25日に水餃子を作る会を行いました。
 今回も県連会員、名古屋市立大学の日本人学生、交換留学生、社会人、主婦、子どもと、幅広い年齢層の方々29人が参加しました。
 また今回は中国の方だけでなく韓国、コスタリカ、スイスの交換留学生も参加し、日本と中国の交流だけでなく幅広い国籍の国際交流の場としても期待されていると感じました。
 実行委員の李麗さんは、水餃子の名人で、参加者に皮のこね方から、餡の包み方までテキパキと指導して、参加者は自然と役割分担し、水餃子作りに取り組みました。
 麺棒で皮を丸く伸ばすのは初めての方にはちょっと難しい作業でしたが、みんな慣れてきたら上手に丸く伸ばせるようになりました。包み方は日本式、中国式それぞれ好みの包み方で包み、とても美味しい水餃子が出来上がりました。
 今回は水餃子を作るという一つの目的をみんなで協力しながら成し遂げていく中で、自然と話すことが出来、とてもよいコミュニケーションが取れました。食べる頃にはだいぶ仲がよくなっているので、お互いの国のことや普段の生活のことなどの話で、どのテーブルも話が弾んで、楽しく盛り上がっていました。
 特に日本人の学生さんと留学生さんたちは会の終了後、みんなで一緒に遊びに行く約束をしていたので、今回の交流イベントも大成功だったなと思いました。
 今回が2回目の交流イベントですが、これから年に2回の定期イベントとして定着させていきます。
      西尾尚子

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解