県連活動ニュース

お知らせ

陳元贇を偲ぶ

「白頭一滴知に酬ふる涙、を銘じて千秋永く磷(うすろ)がず」

  磷(うすろ)がず」…これは寛文二(1662)年陳元贇(1587〜1671)が定光寺敬公(尾張藩初代藩主徳川義直)廟を参拝した時、義直の知遇の恩を痛感して詠んだ詩である。
 江戸初期日本に帰化した明人陳元贇(チンゲンピン、号は芝山、既白山人など)は、浙江省杭州余杭の出身で、元和5(1619)年33歳の時に来日し、当時来日明人の中の白眉と呼ばれていた。家康の九男、義直がその名声を聞き、彼を尾張に招聘し、元贇は心を尽くして義直に仕えた。寛文11(1671)年6月9日、日本で亡くなり、川の菩提寺である徳興山建中寺に葬られた。
 陳元贇は多芸博識で、詩、書、製陶、拳法など多方面に亘って日本文化に貢献した人物である。詩においては、日蓮宗の僧侶である元政上人に公案派詩人の袁宏道の詩を紹介し、二人の交流を通じて初めて性霊派の詩風を日本に伝えた。
 書においては、隷書の大家としても知られる石川丈山が陳元贇の字を愛好し、臨模したことなどから、石川丈山の隷書は陳元贇の影響を受けているという(徳田武『近世日中文人交流史の研究』研文出版、2004年)。
 製陶においては、現在「元贇焼」と呼ばれる陶器の作り方が残されている。拳法では、東京愛宕神社にある「起倒流拳法碑」に「拳法之有傳也自投化明人陳元贇而始」と書いてあるように、日本に始めて拳法を伝わったのは、陳元贇だと記されている。
特に思想面に於いて、晩年に『老子経通考』という書物を著し、江戸期の大儒林羅山が推薦した林希逸『老子鬳斎口義』を厳しく批判しており、当時の日本学術界に何らかの影響を及ぼしたと考えられる。
 元和5(1619)年に陳元贇が来日してから、今年は四〇〇周年に当たる。6月9日一緒に彼のお墓参りをするという企画を立てた次第である。

集合時間と場所

 2019年6月9 日(日)10:00 
 名古屋市地下鉄
 車道改札口

▼予定: 建中寺「高節千古」碑を参観した後、平和公園に移動し、陳元贇のお墓詣り。

 ※参拝の後、昼食の予定もしており、食事に参加する方は下記アドレスlili.xyy@gmail.comに申し込みが必要(交通費、食費自己負担)
 
    李麗(名古屋大学   大学院生)

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解