県連活動ニュース

県連ニュース

支部だより

天白・昭和支部結成に向けて

会議を1月20日に8人+伊藤県連事務局長で開催。
 編集部の都合で掲載が遅くなりました。
機シ于
 昨年11月、理事会で、全国大会(6月初旬)までに天白支部を結成する(決意)事を決議。
 支部作りは、数年来の課題でした。昨年3月まで、天白準備支部の名で世話人会(10人以内)を毎月続行。花見やぎょうざ会なども行いました。
 支部の結成ができなかった主な理由。
●事務局長の候補者がいない
●支部結成のためには最小限20人の会員が規約上必要。現状は天白で15人。
● 世話人会や行事をするときの場所の問題。
2.議論したこと
天白支部を結成する意味。
 参加者の多くは、民主的運動の兼業者であり、新聞配布、会費の集金など散在する会員の世話は大変。
 支部結成のの意味は、地元密着型の活動ができる。地域での日中友好運動を通じて地域の平和運動、民主的運動に貢献できる。何より会員が増える。地域の中国人と交流ができる。特に文化面での交流・学習は楽しい。中国人から信頼される。日中友好は日本の平和運動にもなっている。
今後、支部のイメージを膨らませながら、継続議題。
2.昭和と天白の合同組織として会員20人を確保できている。会員名簿をみんなで確認しました。他地域の会員も希望すれば受け入れます。
3.会議の場所と次回の日程の定期化が無理なので、さしあたり次回だけ決めた。
4.支部結成の予定は5月下旬までに。
6.行事予定(県連と天白支部)

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解