日中文化交流

中国の旅

中国旅行のつくり方 金子文則

【第4回】中国の国内移動のための交通機関      (列車、飛行機)を予約

  中国国内での移動について、列車、または飛行機のチケットを予約します。 次の条件を考慮し、今回は各拠点間の移動(西安→張掖、張掖→嘉峪関、嘉峪関→敦煌)の列車券を予約しました。

■安価であること

 移動時間は飛行機が一番短くなりますが、列車の方が安いです。ただ 飛行機は時期により60〜70%オフになることもあるので両者の料金を比較するのが望ましいです。
 列車の場合は、一等席、二等席などの選択肢がありますが、乗車時間が例えば3時間以上になるのならばゆったり休める一等席が望ましいです。
 私は列車、飛行機の予約に「楽旅中国」を多用しています。同社の予約サイトは、支払い決済後すぐに予約が確定できるのが特徴です。予約が確定すると、予約番号が記載された電子メールが届きますので、列車の場合はそれを印刷し、中国国内の列車駅に持参し、紙の切符に交換し、乗車します。
 飛行機の場合も同じく、受信した電子メールを印刷し、出発空港の航空会社チェックインカウンターに持参し、航空券を受取り、搭乗します。
 今回の列車チケット予約は次の内容になりました。

◆9月9日13時40分 西安北駅→21時25分 張掖西駅(一等席)
◆9月12日10時43分 張掖西駅→11時55分 嘉峪関南駅(二等席)
◆9月14日12時36分 嘉峪関南駅→15時05分 敦煌駅(一等席)

  写真は 「楽旅中国」の列車、飛行機の予約サイト

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解