日中文化交流

茶友会

11月茶友会

毎月第3土曜日

   毎月第三土曜日、午前10時から11時半まで行います。今月の参加者は6人でした。
 姜力先生の解説付きで、いただいたお茶は3種類でした。普洱餅・玫瑰(バラの一種)・枸杞(黒茶)三種類のお茶を混ぜたもので。雲南産。文山包種茶(青茶)・発酵の程度が低い台湾産。金俊眉(紅茶)雲南産。
 今回は中国料理の材料のことで話が盛り上りました。蛙、蛇、サソリ、狗(いぬ)、ウサギなど。ウサギの脳みそはカニ味噌のようにおいしいとか。中国の金持ちは、長生きしたいので、変わったものでも体に良いものを食べたがる、と中国育ちの女子高生が解説してくれました。

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解