日中文化交流

中国の旅

秘境貴州 少数民族と中国解放の聖地 と桂林・璃江下り 6日間の旅

憲法を生かして真の日中友好、アジアの平和を!

  今年は上海万博が開催中です。入場者数は大阪万博を上回り史上最高といわれています。また、観光ビザの緩和で160万世帯から1600万世帯に拡大されて中国との交流の機会が増えています。今回の旅行は、日本人に好評な桂林・漓江下りで、風光明媚な風景を楽しみながら、貴州の少数民族との交流やアジア最大の滝などへご案内いたします。
日中友好を願い、少数民族との交流は日中友好協会ならでは。
みなさんのご参加をお待ちしております。

  ●日程:2010年10月5日(火)〜10日(日)の6日間
●費用:199,000円
(燃油サーチャージ約9,000円別途)
会員価格:5,000円引き
●お1人部屋利用追加料金:20,000円
●定員:20名/最少催行:10名

  ●利用ホテル(下記または同等クラス)
貴 陽:神奇華美達
安 順:天瀑大酒店
桂 林:桂山大酒店
●利用航空:中国国際航空
●添乗員:15名以上で1名同行します。
*現地では日本語ガイドが全行程に同行しご案内します。
●申込〆切:2010年9月15日(水)
*見学先は参加者の皆様のご希望や時間等により調整します。また記載されている見学先が割愛される場合があります。予めご了解ください。

■旅のみどころ・訪問都市紹介

貴 陽 中国・中南部 貴州省の省都で、昆明に次ぐ「第二の春城」と呼ばれる。標高1071mの山間に位置し、酷暑も厳寒もなく、いつ訪れても温暖で過ごし易い。2000年という古い歴史を持つため、郊外には少数民族のミャオ(猫)族、プイ(布依)族、ペー(白)族などが生活をし、民族色豊かな地です。

遵 義 1935年1月、中国紅軍が長征の途次、天険・烏江を突破した際、ここ遵義を占拠し、毛沢東の軍事路線を肯定する旨の会議を開いた。当時の参加者の顔ぶれは、毛沢東をはじめ、眷小平、朱徳、周恩来など、錚々たる精鋭ばかりだった。ここはその有名な会議が開かれた場所。元々は国民党の師団長・柏輝章の私邸だった。

安 順 貴陽から西へ105km・貴州省内に位置し、カルスト地形の盆地にある街。ろうけつ染めの産地として知られ、アジア最大の滝・黄果樹瀑布をはじめとした自然環境が豊かで、竜宮などの観光拠点にもなっている。

桂 林 広西チワン族自治区・東北部に位置する街。「桂林」の名前は、街中に植えられたキンモクセイ“桂花”に由来する。滔々と流れる漓江とその両岸にそびえるカルスト地形特有の奇峰の数々・・・。奇峰奇岩に囲まれ“桂林の山水は天下に甲たり”と評される程。その幻想的な風景は、悠久の年月をかけて誕生した山水画の世界そのものです。

内外の旅行者を魅了するその景観を、漓江下りでじっくりお楽しみ下さい。
 

旅行企画の詳細

詳細は、チラシ(PDF708KB)でご確認ください  

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解