日中文化交流

中国短期留学

北京二外短期留学に28人参加

8月の北京や二外の状況はいかがでしたか?

   北京第二外国語学院への夏季留学は、今年で10回目となりますが、8月の北京や二外の状況はいかがでしたか?

 A 7月30日から授業の開始でしたが、前日の29日の台風の影響で10名の参加が一日遅れるハプニングがありました。今年の北京は8月前半までむし暑く、二週目に大雨が降って、少しは過ごしやすくなりました。
 B 今回は2クラスの編成が出来、レベルに合わせて、クラスを選べることは好い事ですね。ただ一方の教室は冷房の効きが悪くて、とても暑かった。
 C 初めての留学経験でした。思ったより校舎は広く、授業の方法も日本と違うので、新鮮でした。食事でも困りませんでした。
 D 北京は、以前より地下鉄の整備も進み、何処に行くのも便利でしたね。学校近くには日常品を揃えたスーパーもあり、生活に不便は感じませんでした。
 E 宿舎の部屋は広くてエアコンも効いていましたが、シャワーのお湯がぬるくて、排水もあまり良くなかった。
 B 毎日タオルの取り換えはありましたが、床掃除をしてほしかった。
 F 宿舎の部屋の照明が暗かった。明るくして欲しい。
 F 休日に北京の観光に出かけましたが、どこも人がいっぱいでした。休日は、早く出かけるか、観光地ではない所に行くことですね。

授業についての感想や意見はどうですか?

   C 新築された教室で、机も白板も新品で気持ちがよかったです。
 E 全てが中国語による授業だったので、刺激になりました。ただ、先生の話は4、5割しか理解できなかったが、集中しての聞き取りの練習になりました。
 D 先生の授業は多岐にわたり、面白く感じました。もう少し時間を取って、中国語での会話のやり取りをしたかった。
 F 女の先生から、文法の説明を日本語で受けた事が新鮮でした。言い回しを熱心に指導され、納得できました。
 B 午前中だけではなく、午後も二時間ぐらい授業を設けてほしかった。

放課後の過ごし方などはどうだったでしょうか?

 D バス、地下鉄の乗り方を教えてもらい、何処にでも自分で行けるようになった。交通カードを使えるのは便利ですね。
 A 午後から市内観光に出かけたり、個人レッスンに励むなど、非日常的な時間を、好きに過ごし、留学生活を楽しん↓でおられましたね。
 E 個人レッスンでは、発音練習や日常会話を練習したかった。もっと中国語での会話練習をすればよかった。
 C 次回、北京に来たら、週末を使った小旅行を考えてみたい。



食事などで困ったことはありませんでしたか?

 D 困らなかった。ただ学食カードの利用に手間取りました。
 E 学食は安く、安全との事で助かった。また宿舎2階にも食堂があり、良かったです。果物が安いので、果物ナイフを持参すると好いですね。
 B ビールは安いし、品数が多いので、つい食べ過ぎてしまい、太りました。
 F 学外の食堂の美味しい刀削麺の店が、今年は無くなっていて残念でした。また、新しいお店を探したい。
 G 果物、特にスイカが安く、大変に嬉しかった。ブドウも美味しかった。北京に行ったら、果物を食べる事ですね。

魅力的に思えたのはどんなことでしょうか?

 D 先生の中国語を集中して聞いたり、中国語で考えたりする時間を十分にとれ、耳がだんだん慣れて来るのが実感できた。
 B 各地からの参加者たちとの交流が出来、自分の学習の刺激になった。
 A 放課後に自分で北京のどこにでもバスと地下鉄で行けるようになり、今後北京を回る自信を持てた。
 E:二外の学生は皆さん親切で、日本語がとても上手でした。個人レッスンでは、中国語での日常会話を練習しておけばよかった。
 D:私は勉強半分、観光半分の気分で参加しましたが、基礎勉強で忘れていることが結構ありました。

問題点、改善点などを教えてください。

E 買い物袋やビニール袋は用意した方がいい。今回は留学参加者も多く、複数のクラスを設定出来て良かった。
 C 授業に、生徒達の音読や会話の機会が少なかったので、発声の機会をもう少し多く取り入れてほしい。
 G 連絡を取り合うのに、出来ればスマホの微信の交流をお勧めします。

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解