日中文化交流

交流

悪魔の飽食をうたう合唱団愛知

全国縦断コンサート富山公演に

   「悪魔の飽食をうたう合唱団愛知」は、総勢61人がバス2台で6月23、24日の「悪魔の飽食」第28回全国縦断コンサート富山公演(射水市の高周波文化ホール)に参加しました。日中県連からは10人近い会員が加わり、ステージに立ちました。
 23日、全国合唱団が集合。愛知からの61人はトップの規模で、地元・富山県の55人をはじめ北海道〜九州各県の大勢の参加者から熱い歓迎の拍手に迎えられました。混声合唱組曲「悪魔の飽食」作曲家の池辺晋一郎さんの指揮で、全7章をリハーサル、翌日の本番に備えました。
リハーサルは24日もつづけられ、午後の本番へ仕上げました。ステージに立った歌い手は総勢333人にも及び、壮観でした。1200の座席もほぼ埋め尽くされ、地元・富山をはじめ全国合唱団員も大いに励まされました。
 池辺晋一郎さんのタクトが躍るように振られる中で大合唱団の熱唱に聴衆も熱心に耳を傾け、ホールは中国で生体実験を繰り返した731部隊のおぞましい行為を、歴史の戒めとして希望の未来へと思いを昇華する共感に満ちあふれました。
 終演後集まった合唱団愛知の一行は、乗車の前に記念写真。愛知県平和委員会理事長の高橋信さんが「合唱団愛知はみなさんの奮闘で富山公演の成功に大きく貢献しました。次は8月の『あいち平和のための戦争展』での全曲演奏が18日(土)午後、東文化小劇場ホールであります。みんなでこれもぜひ成功させましょう」と呼びかけ、拍手で確認しました。

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解