日中文化交流

太極拳講習会

太極拳普及40周年記念 全国交流会

模範演武に感動

  全国交流会に寄せて

日中友好新聞11月25日付け既報のように、協会の太極拳普及40周年記念全国交流会が11月7日、東京武道館で開かれました。東海ブロックからは41人が参加しました。初参加の2人から感想が寄せられました。
 
 帰宅後,改めてプログラムを読み返すと,素晴らしい時間がまざまざと蘇ってきます。
 五禽戯から始まり,簡化24式,88式,48式,総合42式,陳式,楊式,孫式,呉式の表演,さらに扇,剣,刀,槍,棍を使った躍動感ある演武が次々と続き,太極拳武術を遍く披露する。身障者を出来る太極拳に感銘を受ける。十代の若き者から米寿に達した者,太極拳歴の短い初心者から35年以上の大熟練者のように幅広い参加者が現れる。流れる音楽は,沖縄の伝統曲から民謡,ポップス,中国曲,洋曲など多彩に渡り,多種多様な音楽に合わせて表演する。表演者は個人,対,グループ,複数地区を合わせた大グループに渡り,また色鮮やかな表演服を身にまとい,武道館を悠悠として華麗な舞いを披露する。寒い土地や暑い土地からはるばる集まり,十年ぶりの再会を喜ぶ人,人,人。両老師の素晴らしい模範演武に満場の拍手...
 この大会を成功に導いた実行委員会の皆様,また,この大会を目標に努力されてきた各地区の指導員,事務局員および参加者の皆様,ご苦労さまでした。当日の参加者は1500人ですが,その幾倍もの人々がこの大会を支えて下さりました。本当にありがとうございます。そして,10年後にまた会いましょう。
     乗松 静男
 

とても貴重で楽しい時間

   全国交流会初めて参加させて頂きました。私が会場に着いた時にはすでに大勢の方がみえていて、太極拳が日本で愛されていること、全国に広がっていることを改めて実感しました。
 開会式が終わって最初の表演で、早速見た事のない太極拳が始まり、猿や鶴の様な動きが入っていて、とても目を惹かれました。見ている間にあっという間に自分の出番が来て緊張しましたが、24式で参加者が多く、近くに指導員の方が見えたのでなんとか無事に表演出来ました。終わってすぐ次の風華の準備、その次は88式と、頭の切り替えが大変でしたが、誤魔化し誤魔化し、なんとか終えることが出来ました。たくさんのお時間を割いて頂いて、本当にありがとうございました。
 自分の出番が一段落してからは、落ち着いて各表演に見入ることができ、特に東北の方々の演技はもう圧倒的で本当にすごかったです。いつか私もあんな風にかっこよく舞えるようになりたいと思いました。
 とても貴重で楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。またいつか参加させていただきたいと思います。
    太極拳本山教室
       三浦 真理那  

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解