日中文化交流

中国の旅

【07.09.21】2008年3月、南京・上海への平和の旅

南京事件70周年と従軍慰安婦問題についての特別企画!

中国の専門家から直接お話を聞きながら、交流・見学ができる日中ならではの企画です!

日 時:2008年3月25日〜30日の5泊6日。
参加者:40名規模
費 用:15万4千円程度

第1日目

名古屋・セントレア空港に集合
東方航空で上海浦東空港着
上海から観光バスで南京へ移動、夕方ホテル着
夫子廟や科挙試験場址を見学、夕食後、秦淮河の夜景を楽しみながらホテルへ。

第2日目

  終日、南京市内を行動。
南京の大橋から長江を望む。
南京大虐殺記念館に行き、館長のお話を聞く。また生存者の証言も(交渉中)。
下関(シャーカン)の記念碑をみる。
南京攻防戦の激戦地 中華門、南京城を見下ろす雨花台に登る。

第3日目

終日、南京市内で行動
旧ラーベ邸、安全区国際委員会事務所跡、鼓楼病院。
中山陵(孫文の墓)見学、ロープウェーで紫金山に。または、玄武湖公園へ。
南京は古都。見所は一杯。太平天国記念館、総統府、博物院など。

第4日目

  朝9時 列車で上海へ
蘇 智良・上海師範大教授の講演「日本軍の従軍慰安婦制度」
婦人団体との交流
豫園の観光

第5日目

上海泊
呉淞(うーすん) 淞滬抗戦記念館  揚子江見学
浦東、銭包路350号 基昌慰安所遺跡などを見学

第6日目

午前 自由行動・買い物など
 
帰国の途へ

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解