県連活動ニュース

県連ニュース

鳥居会長の新年のご挨拶

愛知県連の飛躍の年に

   明けましておめでとうございます
 日中友好協会は創立されて68年経ちました。その原点は日中友好と不再戦です。私たちは日中友好運動と反戦・平和の運動を固く結びつけて活動することを誇りとしています。
 昨年10月日本と中国の戦争終結の平和友好条約40周年を祝う式典が北京で盛大に行われました。安倍首相や多くの財界人や友好団体が参加しました。本部から大村新一郎会長と田中義教理事長が招待されました。日中間の国民感情は、ひところに比べいくらか好転していますが、日本国民の嫌中国の雰囲気は依然として残っています。日中友好運動を大きく前進させることは私たちの努めです。
 いま安倍内閣は、憲法九条を変えようとしています。その背景はアメリカの意向に従って自衛隊を海外で戦争できるようにするためです。アメリカの武器を言われるままに買い、軍事予算を年々増やしています。そのしわ寄せは言うまでもなく、国民の暮らしにきます。教育や社会保障の劣化、生活不安、極端な貧富の格差です。アベ九条改憲ノーの運動、3000万署名は大きく広がっています。私たちの日中不再戦の運動も、この国民的大運動と合流して大きな力となります。
 今年春には統一地方選挙、夏には参議院選挙が行われます。選挙で、国民の要求にこたえる政党を伸ばし、議員を議会に送りましょう。

     会員の皆さまのご健勝とご多幸をお祈りします。

              2019年 元旦

                        会長 鳥居達生

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解