県連活動ニュース

県連ニュース

県連倉庫の引越し

引越ししました

 県連の日中友好活動は60年以上です。そのころからの資料が千種区の倉庫の一室に保管されてきましたが、所有者(大家さん)が建物を建て替えるため、8月中に引っ越さなければならなくなりました。移転先を見つけるのに苦慮していましたが、会員の加藤宗男さん(刈谷市)のご好意により大きな倉庫の一角を貸していただけることになりました。
 8月18日資料を段ボールに詰め、22日にトラック2台で運びました。戦争展に続き、残暑厳しいところ作業した人は8人(伊藤、松浦、高木、鳥居、木俣、小崎、富田、他1名)です。重い段ボールを2階から降ろしまた2階にかつぎ上げるのに汗だくでした。赤旗祭りなどで使う大きい水餃子用の鍋などは木俣さん宅にあずかっていただくことになりました。
 段ボールの中身は、書籍、CD,テープ、DVDなど古い映像関係、日中新聞の縮刷版、美術品、日中友好運動が困難を極めた文化大革命時代の文書など全国的に見ても貴重な資料があります。整理して、今後の活用が待たれます。

このページの先頭にもどる

楽しさ広がる日中文化教室

日中文化交流

不再戦平和の活動

県連活動ニュース

日中友好協会の沿革と概要

協会の公式見解